税金問題の解決

いろいろな書類

税金に関する問題は、税法に関して知識がない素人ではなかなか扱うことができません。 そもそも、税法の規定は全て明確な規定として存在しているわけではなく、解釈上の違いがいくつも存在しているのです。 税法に限ったことではありませんが、法律の中で解釈上の違いが存在するときにはその立場によって適用される処理の方法も異なるのです。 特に、近年はインターネットを利用した副業が増えています。 インターネットで得た利益に関しては税理士や税務署の職員で全く解釈が異なることがあります。 これは、税法にインターネットに関する収入の規定が存在しないからに他なりません。 こうした規定がないものを解釈によって計算するのが税理士の役割なのです。

税金に関する問題点は、税務署の職員から質問をされたときにきちんと反論しなくてはいけないことです。 これは、税法上の立場から反論しなくてはいけません。 現代社会はネット社会であるため、本人の判断で確定申告に行く人も多いです。 税理士に聞けば確実ですが、会社員をしながら副業を行っている人は会社にその事実を知られたくない人がほとんどです。 そのため、自身で考えて税金を納めることになるのですが計算が間違っていれば追徴課税を支払わなくてはいけません。 たとえ税法上で正しいと判断できても、税務署の職員の立場を覆すことが出来る反論が無ければ意味がないのです。 こうした税法の解釈上の反論が出来るのが税理士の強みなので、個人であっても困ったときは相談することで問題を解決できます。